アクアクララ(aquaclara)

赤ちゃんに飲ませる水に安心のウォーターサーバーを!!

近年、ミルクでの育児が多い様子です。
私は産科の医師に「そんな胸では母乳は無理」といわれながら、しっかり頑張って母乳で育てました。
ですからミルクの経験は少しだけしかありませんが、瓶を消毒したり、適正な温度で量もしっかり測ってのミルク作りは、すごく大変だった、という記憶はあります。もちろん水道水でした。

最近「赤ちゃんに安心の水使用のウォーターサーバー」のことを知りました。
ただ、ウォーターサーバーは場所をとりますし、邪魔に場合もあります。我が家は10年来主人のためにウォーターサーバーを設置していますから、邪魔で場所をとることはよく分かっています。

で、調べたら500ml、2?、12?入りのボトル販売もある様子で、これなら出かけるとき、自宅でも目的に合わせた容量が選べて便利なように思います。

水質は、硬度が低く、ミネラルがあまり豊富ではないもの、所謂ミネラルウォーターは合わないようですね。
ミルクの配合自体に必要なミネラルは入っているので、過剰摂取になるらしいです。
硬度の低い軟水で、赤ちゃん専用の水が安心ですし、しかも甘くて美味しいミルクになるようです。ミルク以外にも、水本来として、水出し麦茶にも利用が可能なので、心配なく与えられるのが嬉しいですね。



ウォーターサーバー人気ランキング

コスモウォーター(cosmowater)

天然水のウォーターサーバー売上No.1!!徹底的に衛生面にこだわったウォーターサーバーで、多くの方に愛用されています。

無菌エアシステム+高品質天然水でミルク作りに適しています。
90度の熱湯と5度の冷水を同時に使うことができるのであっという間に安全なミルクを作ることができますよ。

サーバーレンタル費用が永久無料なので、月々水の料金だけで、美味しい天然水や暖かいお湯を利用することができます。

レンタル料金 無料 ボトル料金 1,250円(税別)~(12L)
アクアクララ(aquaclara)

抗菌素材・UV除菌ランプ付き、不純物が一切混入していないので赤ちゃんにも安心!!

アクアクララのウォーターサーバーは調乳の手間がかからず楽チンですよ。出産をキッカケにアクアクララを設置する方が多いのです。

ママも赤ちゃんもアクアクララの水なら安心して飲めますよ。

レンタル料金 無料 ボトル料金 2,592円(税込)(24L)
フレシャス(frecious)

美容と健康に良いと言われているバナジウム入りのナチュラルミネラルウォーターです。

外気に触れにくい無菌エアレスパックを採用しており衛生面に徹底的にこだわりっています。また、最軽量の7Lパックで軽くてかんたんですよ。

レンタル料が永久無料ととってもお得な『フレシャス(frecious)』、デザインもオシャレでカラーバリエーションが豊富な点も魅力的ですね。

レンタル料金 無料 ボトル料金 4,536円(税込)~(28.8L)

赤ちゃんにも安心の水を選びましょう

体の発達が未熟な赤ちゃんが飲む水は、しっかりと考えて与える必要があります。不純物の入った水を飲ませると、下痢などの症状の原因になってしまうので気を付ける必要があるからです。

基本的に赤ちゃんに良いといわれる水は、硬度の高い硬水よりも、硬度が低く不純物を含まない軟水と言われています。

硬水にはミネラルなどの成分が含まれていて、それを体が未熟な状態の赤ちゃんが飲むと下痢を起こしてしまいます。また硬水を使ってミルクを作ると、推奨されているイオン値を超えてしまうので、赤ちゃんの成長によくありません。

軟水にはこのような赤ちゃんに不要な不純物が少ないのでお勧めになります。一般的に売られているミネラルウォーターなどでも、イオン値が高かったりミネラルが多い水が多いので避けるべきです。

赤ちゃんに飲ませる水としては、赤ちゃん用の水を購入したり、ウォーターサーバーを使って水を飲ませることがお勧めです。赤ちゃん用の水は、薬局やスーパーなどで購入することも可能ですし、通信販売でも購入することができます。

長期間利用することになるので、しっかりとした商品を選ぶことが重要です。またウォーターサーバーのランキングで、予算に合わせて検討することもお勧めです。
体が未成熟な赤ちゃんの水は、しっかりと選ぶことが重要になります。

赤ちゃんにも安心の水とは?

生まれて間もない赤ちゃんは抵抗力もないので、安心できる水を探す必要があります。硬水か軟水かですが、硬水は赤ちゃんにとって刺激が強すぎるので避けましょう。軟水を選ぶようにしましょう。また、純水(ピュアウォーター)であるかも一緒に確認するようにしましょう。

生まれて間もない赤ちゃんは抵抗力もないので、ミルクを作る際の水には気をつけなくてはいけません。

よく昔は、水道水を一度沸かして、冷ましたものをミルクに利用していたという話を聞きますが、結構面倒な作業です。

しかも地域によっては、水道水を与える事に、抵抗を感じる人もいるかと思います。
なのですぐに使えて安全な、市販の水をと考えた場合、注意して選びたいのが、硬水か軟水かという点です。

硬水はミネラルが豊富で、大人なら便秘解消に効果があると言われていますが、内蔵の機能が未発達な赤ちゃんには刺激が強すぎます。
なのでミルクを作るときは、軟水を選ぶように心がけましょう。

また他にも注意したいことが、お水が純水(ピュアウォーター)であるかどうかという点です。

市販されている水の多くが、何らかの成分が含まれていて、純水ではありません。成分表示を見れば解ります。

粉ミルクは、純水以外の水で作ると、ミネラル過多になってしまう危険性があるので、必ず純水を選ぶようにしましょう。

ウォーターサーバーの水を使う場合も、自分が購入しているお水が純水かどうか、また硬度はどれぐらいなのかを確認した上で、赤ちゃんに与えるように心がけましょう。